Mobara Park – 茂原公園

Chiba, March3月 千葉

This park is one of Japan’s 100 best places to experience sakura. My timing obviously wasn’t the best; when I visited the park, only two of their 2 850 cherry trees were blooming. But the bright side was that there was only me and four or so other people far on the horizon enjoying it.

茂原公園は、日本の桜の名所100選に選ばれた公園です。私が訪れた時は、2850本の桜のうちたった2本しか咲いておらず、見頃にはほど遠いタイミングでした。でも公園には私と遠く離れたところの数人しかいなかったので、穏やかな時間を楽しむことができました。

Even without the cherry blossoms there is a lot to see; the serene Lake Benten with its carps, lazy turtles and various birds, cinnabar-red lacquer bridges, early spring flowers and enough benches to study them or just to sit and relax.

桜以外にも見どころの多い公園です。鯉が泳ぐ穏やかな弁天湖、のっそりした亀、様々な鳥たち、朱色の漆塗りの橋、春先の花々とそれを観察できるベンチもそこかしこに。ただ座ってくつろぐだけでもいいでしょう。

The landscape is versatile; you can walk around and over the lake, or have more intensive hike through the paths on the hills. From the top of the hill opens a nice bird’s-eye-view to the park and the surrounding residential area.

公園ではいろんな風景を楽しむことができます。湖の周囲を歩いたり、橋を渡ったり、丘の小道をハイキングするのもオススメです。 丘の上からは、公園と周辺の住宅街を眺めることができます。

The Bentendou
The hiking path climbs high on the hills

Mobara Park

1325-1 Takashi, Mobara, Chiba, 297-0029 Japan

茂原公園

〒297-0029 千葉県茂原市高師1325-1

Shunkaen Bonsai Museum – 春花園 BONSAI 美術館

Tokyo, March東京 3月

One afternoon Oosaki and I went to Shunkaen Bonsai Museum. The museum is a masterpiece made by the master himself: Kunio Kobayashi, who has lectured in several countries, received many awards and still one can find the humble man in his nursery teaching his apprentices. The museum building is ‘Sukiya-zukuri‘, a traditional Japanese style wooden house with tatami mats and shoji screens. The large windows open to the spectacular yard full of items visitors can admire: the carp pond, full blooming cherry tree, and of course the magnificent bonsai pots. The museum presents over 1000 bonsai trees on its premises.

ある日の午後、大崎さんと一緒に「春花園BONSAI美術館」に行きました。美術館はオーナーの小林國雄自身によって作られた傑作です。小林先生は多くの海外講演を行い、数々の賞を受賞している一方、弟子の育成に尽力するという控えめな一面も持っています。美術館の建物は、畳や障子のある日本の伝統的な数寄屋造りの木造家屋です。大きな窓からは、見る者の目を奪う広大な庭を鑑賞することができます。鯉の池、満開の桜、そしてもちろん見事な盆栽の鉢。美術館には1000点以上の盆栽が所狭しと並んでいます。

The art of bonsai is fascinating: creating a microcosm which so perfectly imitates the nature. It’s miraculous how this tiny tree can resemble an actual full-grown, ancient tree trunk standing on the green hilltop. It takes years of practise to master this extraordinary art form, Kobayashi-sensei has spent over forty years among the trees. The word bonsai literally means the tree planted in a shallow container. It’s something much more than just small-scale gardening; it’s a captivating mixture of horticulture, craftsmanship, design and discipline with a spiritual twist.

自然を完全に写しとったような小宇宙を創造する盆栽芸術は魅力的です。小さな木が、まるで実際に緑の丘にそびえる、樹齢を重ねた太古の木の幹のようであり、それはもう奇跡です。この並外れた芸術形態を習得するには、長年の鍛錬が欠かせません。小林先生は40年以上も木に囲まれて過ごしてきました。盆栽という言葉は、文字通り浅い鉢に植えられた木を意味しますが、それは小規模なガーデニングとは一線を画すものです。園芸術、職人技、デザイン、崇高な曲げを造り出す規律、それらが魅惑的に織り混ざっているのです。

We had a sufficient guide who walked us through the large building while introducing the individual pieces. After the tour we drank tea with the friendly master and purchased books which Kobayashi-sensei signed for us. He showed pictures from his lecture tour in Sweden and gave me a gift: bonsai magazines and a ticket to the museum. The nursery was an excellent place to visit, and we had the whole garden to ourselves.

ツアーガイドが個々の作品を紹介しながら広い建物を案内してくれました。ツアーの後はフレンドリーな小林先生とお茶を飲んで、買った本にサインをしてもらいました。先生はスウェーデンで行われた講演の写真を見せてくれて、盆栽雑誌と美術館の入場券をプレゼントしてくれました。この庭園は訪れるべき場所です。他に来場客がなかったので、私たちは庭園全てを独占してしまいまいた。

The entrance
The nursery
The master Kunio Kobayashi signed my book

Shunkaen Bonsai Museum

 1-29-16, Niihori, Edogawa-ku, Tokyo, 132-0001, Japan

春花園 BONSAI 美術館

〒132-0001 東京都江戸川区新堀1丁目29−16

Escaping winter to Gran Canaria 2 – グラン・カナリア島へ逃避する冬 2

Spain, Januaryスペイン 1月

We took a water taxi from Arguineguín to Puerto del Mogan; once again we were lucky, and the boat was completely empty. The ride took a little over an hour, and we could admire the rocky island from the sea. When we arrived at the town, we wandered through its narrow alleys until it was time to eat lunch. From Puerto del Mogan to Playa del Cura we traveled by bus. It was a wild experience; the driver sped full speed on the narrow serpentine road which squirmed at the hillside.

アルグイネグインから水上タクシーでプエルト・デル・モガンに向かいました。再び運良くボートは貸し切りでした。船旅は1時間強で、岩の多い島を海から眺めることができました。着いた街では、昼食まで狭い路地を探検しました。プエルト・デル・モガンからプラヤ・デル・クーラまではバスを使いましたが、うねうねと丘の中腹を登る曲がりくねった狭い道を、運転手が全速で走らせるので、それはもうワイルドな体験でした。

Keen to explore the island’s unfamiliar flora and fauna, we headed for the Botanical Garden of Maspalomas. The garden was free, and we had a nice picnic there amid colourful butterflies, flowers, cactuses and birds. Short distance from there was Maspalomas beach and the sand dunes, so we visited them as well. The dunes are protected Nature Reserve Space.

島特有の馴染みのない動植物を探索したくて、マスパロマス植物園に向かいました。入場料は無料で、私たちは色とりどりの蝶、花、サボテンや鳥に囲まれてピクニックを楽しみました。近くのマスパロマス・ビーチと砂丘も訪れました。この砂丘は自然保護区に設定されています。

The boat trip to Puerto del Mogan
Parque Botánico De Maspalomas
Playa de Maspalomas beach

Parque Botánico De Maspalomas

Av. Touroperador Neckermann, 2, 35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Playa de Maspalomas Sand Dunes

35100 Maspalomas, Las Palmas, Spain

Sakuya Konohana Kan Botanical Garden – 咲くやこの花館 植物園

Osaka, April大阪、4月

For a gardening maniac and house plant lover this botanical garden is a must-see. The conservatory is one of Japan’s largest; they have 15.000 plants to explore, and the flowers are blooming all around the year.

ガーデニングマニアや観葉植物好きにとってここは必見だ。その日本最大級の温室では約15.000株もの植物を見て回れて、花々が一年中咲いている。

The two-storey metal framed glass building was built in 1990, and it’s divided for sections, where you can wander through different climates and their plantation. One of their main attractions is the water lily pool with its astonishing color variety and leaves of the giant water lilies.

そのガラス張りの建物は鉄骨造の2階建てで、1989年に完成した。施設内は複数のセクションに分かれており、異なる気候と植林地の中を歩いて回ることができる。主な見どころのひとつはびっくりするほど色彩豊かで巨大なスイレンの花とその葉っぱの浮かぶプールだ。

For a gardening student like me, this was a perfect attraction. Otoosan, Eri and I circled around the massive building dazed by the strong scent of the tropical flowers. Outside temperature was high enough, but inside the rainforest, where the merciless sun shone through the glass ceiling, was hot and humid like a sauna. We wandered through Cactus hall and Alpine house, which had a more pleasant climate; it’s always under 20 degrees.

私のような造園について学ぶ者にとって、ここは究極のアトラクションだった。お父さんとエリと私は熱帯の花々の強烈な香りにぼうっとしながらその巨大な建物中をぐるぐる回った。屋外の気温は十分高かったが、屋内の熱帯雨林は容赦ない太陽光がガラスの天井を通じて降り注ぎ、高温多湿なサウナのようだった。私たちはいつも20℃以下でずっと快適な気温のサボテンエリアやアルプスエリアを散策した。

The outside garden was in full bloom, the water fountain’s droplets shone like small pieces of glass in the sunshine. There I could spot some familiar species like lavender and violet, but also new acquaintances. The garden was a joy for one’s senses; the sight and its colours, the scent of flowers lingering in the warm breeze.

屋外の庭園は花々が満開で、噴水の滴は太陽光の中で小さなガラス片のように輝いていた。そこにはラベンダーやスミレといった馴染みのあるものや新しく知った品種もあった。庭園はカラフルな景色や暖かなそよ風の中に残る花の香り、五感を通じた喜びに満ちていた。

Otoosan and me

Sakuya Konohana Kan

2-163 Ryokuchikoen, Tsurumi-ku, Osaka

咲くやこの花館 植物園

〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2丁目163番

The Golden Pavilion – 金閣寺

Kyoto, April京都、4月

We made a day trip to Kyoto with Otoosan and Chihiro. The drive took about an hour from Osaka, but it’s very easy to travel by train as well. The temple’s official name is Rokuon-ji, Deer Garden Temple, but a more popular name for it is Kinkaku-ji, The Golden Pavilion. Rokuon-ji and its magnificent strolling garden are one of Kyoto’s most admired spots, but luckily there were not too many people present.

私たちはお父さんとチヒロと一緒に京都へ日帰り旅行に行った。ドライブは大阪からおよそ1時間かかったが、電車でもとてもかんたんに行くことができる。そのお寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)だが、金閣寺(きんかくじ)という名前で広く知られている。鹿苑寺とその壮麗な回遊式庭園は京都における歴史の長い名所のひとつだが、ラッキーなことにあまり多くの人はいなかった。

The original temple built in 1397 has been destroyed by fire started by one of the temple’s acolytes. Japanese author Yukio Mishima’s novel The temple of the Golden Pavilion (1959) loosely follows the actual events. Kinkaku-ji was restored in 1955.

原型となったお寺は1397年に建てられたが、修行僧のひとりによって起こされた直近の放火が原因で焼失した。日本の作家、三島由紀夫の小説『金閣寺(1959年)』はその実際の出来事が題材になっている。金閣寺は1955年に再建された。

Our next attraction was Ryōan-ji, maybe the most famous rock garden of Japan. Kare-sansui, a dry garden, made from carefully combed gravel and stones, it’s more a view than an actual garden. Commonly the sand is a symbol for the water and the rocks its islands, although it’s not clear what this particular arrangement represents. It might be tigers crossing a stream or the abstract concept of infinity. Either way, kare-sansui can help to clear one’s head while practising meditation. This plain sight left us with a relaxed feeling.

私たちの次なるお目当ては龍安寺だった。そこは日本で最も有名な石庭だろう。枯山水とは砂利と石材に注意深く砂紋を引くことで作られるドライガーデンで、実際に歩いて回る庭園というよりも眺める景色である。この特定の配置が何を表すのか定かではないが、一般的に砂は水を、岩石は島々を象徴する。虎たちが川を渡る姿か永遠という抽象的な概念を表現しているのかもしれない。いずれにせよ枯山水の眺めは瞑想の練習中の頭を空っぽにする助けになり、私たちの心を穏やかにしてくれた。

Sosei Kiosk above the mirror pond
Gardeners at their work
Chihiro and Otoosan
Ryōan-ji

Kinkaku-ji

1 Kinkakuji-cho Kita-ku, Kyoto, Japan

Ryoan-ji

13, Ryoanji Goryonoshitacho, Ukyo-ku, Kyoto, 616-8001 Japan

金閣寺

〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

龍安寺

〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13

Tropical flowers of Okinawa – 沖縄の熱帯の花

Okinawa, November11月 沖縄

The flight from Narita to Naha takes only three hours, and it feels like arriving in a totally different country; the turquoise sea glistening in the sun, beaches with smooth, white sand and palm trees swaying in the warm breeze. Our visit was during the low season, so the beaches were empty and not so many activities going on.

成田から那覇まではたった3時間ほどのフライトですが、着いてみるとそこはまるで異国のようです。太陽の光に輝くターコイズブルーの海、滑らかな白い砂浜のビーチ、温かい風に揺れるヤシの木。私たちが訪れた時は観光シーズンではなかったので、ビーチには人影がなく、ほとんど何も行われていませんでした。

For a nature lover, this place has a lot to offer; beautiful landscapes and sunsets, tropical flowers, mountains and rainforests. We visited Southeast Botanical Gardens, the green paradise of Okinawa Island. The botanical garden’s 100 acres of exotic subtropical climate’s vegetation, fruit trees, orchids and flower beds encircled several ponds.

自然が好きな人には、見どころは尽きません。美しい風景と夕日、熱帯の花々、山と熱帯雨林。私たちは東南植物楽園に行きました。沖縄本島の緑の楽園です。100エーカー(約40.5ヘクタール)の植物園ではエキゾチックな亜熱帯気候の草木、果物の木、蘭、花壇がいくつかの池を取り囲んでいます。

Because of the low season, our visit was very enjoyable; the weather was not too hot, and the garden was half-empty. For us Scandinavians, just below 20 degrees is the perfect temperature, so Okinawa in wintertime was a nice experience!

観光シーズンではなかったので、暑すぎず、来場客もまばらで、とても楽しむことができました。私たち北欧の人にとってはちょうど20度以下くらいが快適なので、冬の沖縄は最高でした!

Beautiful beaches of Okinawa
Southeast Botanical Gardens
Around Okinawa Island

Southeast Botanical Gardens

2146, Chibana, Okinawa, 904-2143, Japan

東南植物楽園

〒904-2143 沖縄県沖縄市字知花2146